ガラス製キャンドルホルダーを作る

    必要なもの

    少しずつ進みましょう

    ステップ14

    ガラスの内側にデザインを置き、黒いフェルトで支えます。

    必要なもの:

    まず、温い石鹸水でグラスを洗って油脂を落とし、完全に乾燥させます。この例のグラスは7cm(高さ)×7cm(直径)です。ほとんどのグラスがこの工作にとてもよく合いますが、できれば色付きか、すりガラスのグラスを使うことをお勧めします。紙に簡単なデザインを描きます。この例では蝶を選びましたが、葉や花のデザインもよく合うでしょう。グラスの内側にデザインの紙を当て、黒のフェルトを入れて保持します。グラス越しにデザインがはっきりと見えるようにしてください。

    ステップ24

    ドレメルロータリーツールを使用して、ガラスにデザインを彫刻します。

    必要なもの:

    ここで、DREMEL® エングレーバーをスピード1にセットします。鉛筆を持つときのように少し角度をつけて工具を持ち、デザインの輪郭に沿ってガラスに彫刻します。押し付ける必要はありません。グラスの上にチップを正確に配置して、輪郭に沿って着実に動かすだけです。削り終わったら、紙を取り除き、フェルトをグラス内に戻します。これで、削った輪郭線がよく見えるようになります。

    ステップ34

    密接した並行線を描き、デザインを埋めていきます。

    必要なもの:

    デザインの内側を、輪郭線と平行に、できるだけ近い位置で削っていきます。この作業を忍耐強く繰り返し、デザイン全体を彫り出します。最後にバニシ仕上げヘッドを使って彫りを滑らかにし、プロ並みのきれいな仕上がりにします。

    ステップ44

    蝶を彫刻したガラス製キャンドルホルダー

    必要なもの:

    仕上げプロジェクト